Government House 見学

Government House 見学 はコメントを受け付けていません。

ガバメントハウスは、ブリティッシュコロンビア州でエリザベス女王の名代を務める副総督(ルテント・ガバナー)の公邸です。天皇皇后両陛下がカナダ・ビクトリアをご訪問された際にご宿泊された場所であり、天皇陛下が皇太子時代(当時19歳)に初めて外国で宿泊された所でもあります。両陛下がちょうどお泊りになられた7月10、11日の次の週にあたる7月15日水曜日、午後4時~5時の1時間だけ公邸が一般公開されるということを知り、先日見学へ行って参りました。

IMG_3555 Government House(ガバメントハウス)。邸内にある庭園は、無料で一般公開されています。

 

IMG_3512

右が28代目 Steven L. Point副総督、左が副総督奥様のMrs. Gwendolyn Point

 

IMG_3565

副総督の仕事部屋。天皇皇后両陛下の会談はここで行われました。

 

IMG_3568

リビングルーム。バラの模様のソファがとても かわいいです。テーブルの上にはエリザベス女王夫妻の写真が飾られていました。

 IMG_3570

 大ホール。写真奥に見えるテラスからは、アメリカのオリンピック・マウンテンが一望できます。

 

IMG_3580

ダイニングルーム。10メール以上の長いテープルにブリティッシュコロンビア州のシンボルが刺繍されたアンティークな椅子が全部で30脚セッティングされていました。

天皇陛下56年ぶりにビクトリアを再訪問

天皇陛下56年ぶりにビクトリアを再訪問 はコメントを受け付けていません。

2009年7月10日(金)~12日(日)

IMG_0047

7月10日(金曜日) 18時

56年前(当時19歳)に初めて外国で宿泊された場所「ガバメントハウス」にご到着。お疲れではないか心配しておりましたが天皇皇后両陛下ともにお元気なご様子でした。ガバメントハウスに集まったビクトリアの日本人コミュニティや関係者の方々約200名に大歓迎されました。

 

 IMG_3520

IMG_0044

天皇皇后両陛下は、駆けつけた市民の歓声にやさしい微笑みかけ、一人一人丁寧に握手を交わされました。私たちも参加させ頂き、陛下には「日本からですか?」、美智子様には「こちらでお住まいですか?」とやさしくお声をかけて下さいました。お言葉を交わせるとは夢にも思わず、感動で涙が自然に溢れてきました。とても素敵なお二人に感激し、改めて日本の素晴らしさを感じました。また、日本から訪れた記者の方が「このようにセキュリティが少ないのは今までで初めて」と驚かれていました。このようなリラックスした雰囲気はとてもビクトリアらしいと思いました。

 

IMG_3540

 7月11日(土曜日)10時55分~11時10分

ブリティッシュコロンビア州の州議事堂の前で行われた天皇皇后両陛下との交流に約2000人以上のビクトリア市民が集まりました。中には日本からわざわざ駆けつけた年配の方々もおられました。 美智子様の装いは日本の象徴「きもの」でした。とても気品ある淡いピンクのお着物はビクトリアの街に一際輝いていました。両陛下は州議事堂の階段から噴水の横を通り、ビクトリア女王の銅像までの約百数十メートルをゆっくりとお声をかけながら、時には握手を交わされながら歩かれました。お二人をご覧になったビクトリア市民の中には「They are very cute!」と話している人々が数多く見受けられました。

 

Emperor1

天皇皇后両陛下とお言葉を交わす剣道部員

T&D代表は自身が指導するビクトリア大学剣道部とビクトリア日本語学校剣道部の部員たちと共に稽古着と袴、防具を付けて両陛下をお出迎えしました。幸運なことに美智子様のお目にとまり、ビクトリアの剣道についてたくさんのお言葉を交わすことができました。美智子様は「強くなりましたか?」とやさしく子供たちにご質問もされました。

 

IMG_0098_1

また、このたびのご訪問に同行されていた福田前総理も笑顔で手を振ってくださいました。両陛下は市民一人一人のお顔を見ながら歓迎の意を表しておられました。

 

IMG_3646

ビクトリアの地方新聞では、7月11日と12日の一面と中面に特集ページで両陛下のご紹介がされました。大きく掲載された両陛下のお写真を拝見すると、ビクトリアで楽しく過ごされたご様子が伺えます。 11日にあったゴードン・キャンベル州知事夫妻との会見では、陛下が「ビクトリアは特別な地で、再訪できてうれしい」とお話されたそうです。ビクトリアに住む日本人にとってとても光栄なことです。ビクトリアの街、そしてそこに住む人々・・・・・・ビクトリアは人から愛されるとても素敵な街です。 

Canada Day 7月1日

Canada Day 7月1日 はコメントを受け付けていません。

Happy Canada Day! 7月1日はカナダ・デイという日本で言う建国記念日になります。1867年7月1日イギリスより自治権を獲得し、カナダは正式に国家として独立しました。それを記念して毎年7月1日を祝日とし、カナダ全土で大規模のイベントが行われるようになりました。もちろん、ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアでもイベントが開催され、州議事堂前に設置された野外ステージでは原住民のコンサートやバンド演奏などが行われ、ビクトリア市民や観光客が大勢駆けつけました。市民の多くは赤色や白色の服、カナダの文字やメープルリーフの絵がかかれたTシャツを着てカナダ・デイをお祝いしていました。夜には恒例の花火大会が行われました。最後の花火になるとカナダ国歌がスピーカーから流れ出し、カナダを象徴する赤色の花火と国家斉唱で盛り上がりました。

画像 058

カナダ・デイで賑わうビクトリアのダウンタウン。赤の服を着ている人の姿が目立ちます。

 

画像 032

 州議事堂前の野外コンサート

 

IMG_3455

ビクトリアの夜空に舞い上がったカナダカラーの花火。

 

IMG_3458

今年はお客様のお誘いでホテル・ローレルポイントインのスイートルームで花火鑑賞させて頂きました。ホテルの中で全身「カナダ!!」の青年達を発見しました。