岡本紗和さん Dwight International School Canada ゴールデンスパークプラグ賞授賞

岡本紗和さん Dwight International School Canada ゴールデンスパークプラグ賞授賞 はコメントを受け付けていません。

岡本紗和さんは留学3年目の明るくて頑張り屋の現地高校3年生(グレード12)。先日留学先である「Dwight International School Canada 」のスピナー教頭より、紗和さんが「Golden Sparkplug Award/ゴールデンスパークプラブ賞」を受賞されたという大変うれしいご報告がございました。この賞は学校コミュニティーに顕著に貢献している生徒に与えられるもので、教師によって全校生徒の中から1名選出されています。この名誉ある賞の授賞式典で先生が紗和さんへ贈られたメッセージを下記のとおりご紹介させて頂きたいと思います。

Sawa has a positive presence that brings out the best in others. She is enthusiastic, hard-working, organized, gentle and kind.

 Her guidance and maturity in the dorms is a gift to the girls that are on her floor. I often see girls in her room at night, needing to talk and be comforted.

 Sawa’s maturity, pleasant attitude and patience make her a joy to work with. Sawa is the type of person who makes a community thrive. She often thinks of others before thinking of herself, and I have never seen her hesitate to help. Sawa is not polite because she has to be, she is polite, and kind, and caring, because these are the fundamental traits of her character.

 Dwight is incredibly fortunate to have Sawa in our community. All of us who interact with her benefit from her steadfast commitment to being the best person she can be in every circumstance. 

Andrea Spinner
Vice Principal
Dwight International School Canada

(日本語訳)

紗和さんは最善をつくそうと積極的な態度で取り組んでいます。紗和さんは勉強熱心で几帳面で優しくて親切です。寮での彼女の指導や成長は、同じ階に住む女の子たちとっての贈り物です。私は紗和さんの部屋に集まり女の子たちが話したり、ほっとするしているのをよく見かけます。彼女の成長、適切な態度、忍耐力は他の人々と共同作業するという喜びを生み出しています。
紗和さんは学校のコミュニティ繁栄をもたらすタイプの人です。彼女は自分自身のことを考える前にいつも周りにいる人々を考えます。私は彼女が人を助けることを躊躇した姿を見たことがありません。
紗和さんは礼儀正しくしない方がよい時はそうせず、でも本来の性格は礼儀正しく、世話好きで、思いやりがあります。
紗和さんが我々Dwightのコミュニティに存在することはとても幸運なことです。彼女の不動な恩恵を受けた私たちは、どのような状況であっても彼女は最良の人であることを保証します。
教頭 アンドレア・スピナー
ドワイト・インターナショナルスクールカナダ
*****************************************************************************************
T&D留学生の岡本紗和さんのご活躍をこれからもスタッフ一同応援して参ります!!!
広告

お客様からのお便り 

お客様からのお便り  はコメントを受け付けていません。

12月のカナダ最新情報で三宅遥さんの記事を読まれたN君から以下のお便りが届きましたのでご紹介させて頂きます。

12月のニュースレターで三宅 遥さんの弁論大会決勝進出の記事を読みました。三宅さん本人からも伺っていましたがすごいですね。びっくりしました。カナダで出会った友人の活躍を聞くのは、とても嬉しいですし、刺激にもなりました。2年前の夏休みにビクトリアに留学していた頃が大変懐かしく思い出されます。
現在私は生徒会副会長をしながら、バンドボーカルの活動をしています。
生徒会副会長としては半年をかけて一冊の本作りに挑戦しています。自分の好きなように本を作ることができるので楽しく、またやり甲斐もあります。
バンド活動は友達に誘われて始め、クリスマスには初ライブをしました。

カナダで出会った日本人の方とも年賀状を交換したりメールをやりとりしたりしています。良い機会を用意していただきありがとうございました。 高校2年 Nより

 
N君は三宅さんと同じ時期にビクトリアへ留学されていたT&D日本人学生のお一人です。日本へ帰国された後も交流を続けられておられることをお聞きし、私自身大変感動致しました。私共もビクトリアで生まれたお客様とのご縁をこれからも大切にしていきたいと思います。

T&Dをご利用頂いた皆様の今後の発展とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

三宅 遥さん 全日本中学校英語弁論大会で決勝進出

三宅 遥さん 全日本中学校英語弁論大会で決勝進出 はコメントを受け付けていません。

12月25日のクリスマス・デイに日本からビックニュースが届きました!!

 昨夏にビクトリアへ語学留学されました三宅遥さん(中学3年、香川県)が 11月25日~27日東京で開催された第62回高円宮杯全日本中学校英語弁論大会で決勝進出し、ファイナリストの27名に選ばれました。この弁論大会は1949年から始まった大変伝統のある大会で、中学生を対象とした英語弁論大会では日本最大です。今年度は各県3人(東京大阪などは5人)が出場し、今年は総勢151人の中学生が県大会を勝ち上がり、全国大会に出場されました。

 遥さんのお父様から届きました喜びのご報告メールをご紹介させて頂きます。

大変お世話になり有難うございます。今秋ケヴィン先生のおかげで遥が頑張りました。第62回高円宮杯全日本中学生英語弁論大会で快挙を成し遂げました。即ち高松市大会、香川県大会を勝ち抜き全国大会に出場し、決勝予選大会も勝ち抜きファイナリストベスト27人に残り、決勝に進出しました。残念ながら入賞は逸しましたが、楽しい経験ができました。最後の表彰式とレセプションは帝国ホテルで行われました。大会中生徒たちは鵬鳴館という宿舎で、一部屋6~10人の相部屋で3泊し、全国各地の生徒と過ごしすごく楽しかったそうで、最後の夜は朝方4時頃まで話していたそうです。折角の機会と思い私たち夫婦も予選・決勝を見に東京へ行きました。はらはらドキドキで、久しぶりに感動しました。これも皆様の御尽力の賜と感謝しております。本当に有難うございました。      三宅速

 

遥さんは、弊社と提携しております高松市の英語教室「Kevin’s English House」に小学2年生から通い始め、中学3年生の現在に至るまでケヴィン先生(カナダ出身)の熱心なご指導のもと英語に磨きをかけてこられました。(ケヴィン先生のブログにも遥さんが紹介されています。是非こちらもご覧ください。)中学2年生の夏にビクトリアで語学研修やホームステイプログラムを体験されました。※遥さんのビクトリア語学留学体験記

遥さん、決勝進出おめでとうございます!!

スタッフ一同、心よりお喜び申し上げます。

今回三宅様から届いた素晴らしいご報告を弊社ホームページに掲載させて頂けたことに対し、謹んで感謝申し上げます。

2010年夏 T&D交流会

コメントをどうぞ

今夏も恒例のT&D交流会を開催しました。この交流会には、ホームステイや寮に滞在している留学生の方を招き、カナダ料理(主にBBQ)や日本食を食べて頂いたり、ESLの先生やカナディアンの友人と意見交換をして頂いています。7月~8月は1年の中でも一番忙しく、このような交流会を2週間に1回行っています。留学生の方には「久しぶりに日本食が食べれてうれしかった」「情報交換ができてよかった」と大変喜んで頂いております。

今年もたくさんの留学生の方がビクトリアへお越しくださいました。弊社をお選び頂き、そしてご利用頂きましたことを心よりお礼申し上げます。

これかもT&Dをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

Spring Home Party

Spring Home Party はコメントを受け付けていません。

5月入り春日和のよいお天気が続くようになりました。

日頃からお世話になっている剣道の仲間や留学生を招いて、久々にホームパーティを開催しました。さすが剣道をしているカナディアンは食べる量、飲む量が日本人とは比べものにならないほどすごい!!ビールを大量に飲んでも顔色がまったく変わらない・・・アルコール分解酵素の分泌量が違うんでしょうね。

今回のパーティではカナディアンに人気の肉じゃがとツナのタタキ(ツナはカナダではタタキにして食べるのが一般的です)、グリーンサラダ、そして持ち寄りのお肉やソーセージをBBQして食べました。デザートはフルーツ、コーヒーゼリーとフィリピンの友人が作ってくれたコーンブレット風ケーキでした。コーヒーゼリーが意外と好評でビックリ!・・・というのは、カナダにはコーヒーゼリーというものがないから(普通のゼリーはありますよ)。みんな珍しがって食べてくれて作ったかいがありました。